mybitwalletの銀行選びから、振込、海外口座(トレードビュー)へ入金するまでの手順

 

mybitwallet(マイビットウォレット)経由でFX海外口座へ入金や送金をすると、それぞれにかかる手数料がとても安く済みます。

銀行から海外送金すると手数料がガッツリかかってしまいますが、mybitwalletからだと1%で済みます。出金も一律824円の手数料でできるのは魅力的ですよね。‥ってまだ出金したことないですけどw

そんなわけでmybitwalletにアカウントは作っていたのですが、その先へは進めず・・・。

なぜなら利用できる振込先口座は「三井住友銀行」と「みずほ銀行」だけだったからです。

 

わたし、両方持っていないんですけどー。

 

銀行口座作るの面倒くさくて放置してたけど、EAを始めたこの機会に重い腰を上げてみました。手順をメモっておきます。

 

mybitwalletで利用できる口座は「三井住友銀行」と「みずほ銀行」の2択

まず、「三井住友銀行」と「みずほ銀行」どっちにしようか迷いましたが、「みずほ銀行」にしました。選んだ基準は手数料です。

 

ATM利用手数料については、

みずほ銀行は平日日中なら手数料無料なのに対して、三井住友銀行はSMBCポイントパックというサービスの条件を満たさないと、どの時間帯でも手数料がかかるんです。

 

振込手数料に関しては、

みずほ銀行(みずほダイレクト)だと「預金残高50万円以上」または「NISA口座を作る」と他行あて振込手数料が毎月1回無料になるという条件があるのに対して、三井住友銀行(SMBCダイレクト)は振込手数料を無料にする条件がないんです。夢も希望もないですねー。

 

ということで、サービスなど使う予定がまったくない私は「みずほ銀行」を選びました。一番最短で口座を作るにはアプリを使って申し込むのが てっとり早いです。→https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/account/app.html

私の場合、申し込んで1週間後に郵便局から本人限定受取の封書が届き、配達を翌日に依頼して無事受け取りました。通帳とみずほダイレクトの暗証番号などが送られてきます。説明書によるとキャッシュカードは通帳を受け取った日から1週間後とのこと。現在私はキャッシュカード待ちです。

 

みずほ銀行からmybitwalletに10万円を振込

キャッシュカードがなくても「みずほダイレクト」は利用できるので、さっそく10万円をみずほ銀行に入れてmybitwalletに送ってみました。

mybitwalletにログインして「口座への入金」を開く。

「銀行口座からの入金」をクリックすると口座情報が出てくるので そこへ振込みます。

 

注意点ですが、送金元名義はコピペはダメです。なぜなら英数字が半角なので。すべて全角で入力してくださいね。

無事に振り込まれるとmybitwalletから銀行送金による入金完了メールが届きます。
mybitwalletにログインして確認すると、手数料1%の1000円が引かれて99,000円入金されていました。

 

mybitwalletから海外口座(トレードビュー)に入金

次に、mybitwalletから海外口座(私の場合はトレードビュー)に入金します。

トレードビューの「入出金」から mybitwalletで入金する を選んで必要事項を入力しmybitwalletにログイン。

決済するのボタンをポチり。

するとメールが届きます

このメールがきてから10分後にトレードビューの口座残高を確認してみたら、もう入金が反映されていました。はやい~

銀行口座を作ってしまえば、mybitwalletの利用はとっても簡単でラクでした^^