メタトレーダー4の使い方【初めてのMT4】

売ったり買ったりして稼いでいくFXですが、その注文を行うために “取引ソフト” を使います。今回は、世界中で使われている高機能のFX取引ソフト「メタトレーダー4 (MT4)」に関しての話です。

色々ある取引ソフトの中で、MT4の何がそんなに良いものなのか!?という事を、 もう少し詳しく説明していきたいと思います。その後に、このMT4のダウンロード方法や、チャートの表示のさせ方、発注方法など、最低限おさえておきたい基本操作をお伝えしていきます。

これだけ押さえておけば、迷いなく、メジャーなMT4でFXをスタートさせることができますョ。

メタトレーダー4 (MT4)とは

MT4とは、無料で提供されているロシアのメタクオーツ社が開発した高機能FX取引ソフトです。

いろんなチャートツールや高機能なテクニカル分析が利用でき、世界で最もメジャーな高性能取引ソフトで、自動売買ツール(EA)などを入れて使うこともできてしまう優れものです。

テクニカル指標は50種類以上もあり、同時に複数表示させることも可能。外部のインジケーターも導入することができます。発注もチャート上からできたりと、とても便利で使いやすいので、MT4はFXを本格的にやっていきたい方には間違いなくオススメしたい取引ツールです。

 

私は、はじめ国内FX業者を利用していたので、取引ソフトは必然的にそのFX会社のものを使っていました。FXの勉強を始め、ラインやテクニカル指標を使ってエントリーのタイミングをはかるようになった頃に “MT4” を知り、MT4でエントリーのタイミングを考えることにしました。

ラインも引きやすく、時間足を変えても反映してくれているので、上の時間足から見ていく環境認識には最適です。(当時私が利用していた国内FXの取引ソフトにはそれができなかった;)

他にも、色んな種類のテクニカル(インジケーター)を含め、線の種類や色、太さの変更、数値の設定などなど とにかく “自由度” が高く、それに、なんといっても使い勝手が良い (簡単)です。線を引くのも何をするにも、よく使うであろう動作はアイコンを押すだけで済ませられます。

あと、MT4は動作がすごく軽いんです。PCスペックを喰わないところもMT4の良さのひとつです。

※インジケーターとは

テクニカル指標とも言いますが、為替レートのデータを色んな方法で算出したもので、買いや売りのエントリー判断の基準に使うモノです。

インジケーターは、トレンド系とオシレーター系の2種類に分けられます。

1. トレンド系
相場の流れ(トレンド)を示唆してくれるインジケーターです。移動平均、エンベロープなどがあります。

2. オシレーター系
高値や安値の警戒を示唆してくれるインジケーターです。RSI、ストキャスティクスなどがあります。

メタトレーダー4の(MT4)ダウンロード

メタクオーツ社の純正MT4は下記です。
MT4ダウンロード

デモ口座専用のMT4ですが、実は現在、この開発元のメタクオーツからダウンロードできないと言われています。MT4のダウンロードリンクはあるけど、ダウンロードするとMT5になるらしいです。

ということで、先ほど私、ちょっと試しにダウンロードしてみました。

ら、、、

ちゃんとMT4の名にはなってますけど‥

タブルクリックしてセットアップしようとしたら、、、

ノートンが反応した!

このファイルの更新日は一週間前?このファイルを使ったノートンユーザーは5名未満??
…これはどう捉えたらいいのだろう。ダウンロードできなかったのが、最近できるようになったって事なのか!?

とモタモタしていたら、、、

削除されてしまいました;

・・・・・。

もうアレコレ悩んでないで、さっさとブローカーのデモ口座を利用した方が早くて確実ですね^^;

ここではXMのデモ口座を紹介しておきますので、ぜひレバレッジ888倍を体感しながらFXの練習をしてみてください。
デモ口座を開設する

デモ口座の開設方法

上記から「デモ口座開設」のボタンをクリックして進んでください。

個人情報を入力していきますが、デモなので詳しい情報は必要ないです。テキトーお気軽にどうぞ。口座はスタンダートかゼロです。マイクロ口座はありません。設定したパスワードは、メールで送られてこないので、忘れないようにしてくださいネ。

電話番号の書き方や、取引口座詳細の例はこんなカンジ↓

以上の入力を済ませると、メールが届きますので、「Eメールアドレスをご確認ください」をクリックしてメールの認証をします。(クリックするだけでメール認証は完了します。)

これで登録の完了です。

ウィンドウの整理とチャートの表示のさせ方

リアル口座でもデモ口座でもやり方は同じです。

ウィンドウの整理

ログインしてMT4を開くと、最初に沢山の小さなウィンドウが表示されています。

これらは全て好きなように配置できるようになってますが、何をどうしていいか分からない場合は、いったん全部消してしまって大丈夫です。右上の×マークで削除しちゃっていってください。

スッキリしたところで、もし開いておきたいものがあれば、好きなものを好きな場所に、好きな大きさで配置してみてください。

上部にあるアイコンを押してみて(表示/非表示)、何があるのか確認して見ていくといいと思います。

チャートを表示する

例として、ドル円のチャートを表示したいと思います。

まず、左上にあるアイコンを押して「USDJPY」をクリックします。

バーチャートで表示されるので、ロウソク足にしたい場合はアイコンを押して変更します。虫眼鏡の+-でズームインやズームアウトができます。

ロウソク足の色や線などなど、一気に変更したい場合は、チャート画面のどこでもいいので、右クリックしてプロパティをポチります。

プロパティを開くと、左上にタブがあるので、変更したい方を押してください。

いじっていくと、何がどう変わるか分かると思います。

新規注文と決済注文のやり方

新規注文

注文は上部にある「新規注文」を押します。

成行注文の場合、そのまま売りか買いのボタンを押したら注文できます。

簡単に発注ができるワンクリックトレード

成行なら、ワンクリックで簡単に注文できるボタンを表示させておくことができます。

チャート上どこでもいいので右クリックして、「ワンクリックトレード」を押すだけです。

左側の「SELL」が売りで、「BUY」が買いです。
真ん中の数字はロット数で、左右の三角マークで数値の上げ下げができます。

決済注文

簡単なやり方は、チャート上でドラッグする方法です。

ポジションを持つと、チャート上に緑色の点線が表示されますが、その点線の上でクリックしてドラッグすると赤色の点線が出るので、それを決済したい値までドラッグすれば、決済の注文ができます。

成行で決済したい場合は、ポジションを持った時に表示される緑色の点線の上を右クリックし、「閉じる」を押せば決済されます。

一番手軽なのは、ターミナルの「取引」タブの一番右端にある「×」をクリックするだけです。

ターミナルからの注文

ターミナルの「取引」タブからも注文ができます。

変更、取消のやり方は、ターミナルの「取引」タブから、注文を追加したいポジション上で右クリックし、「注文変更または取消」を選択します。すると、オーダー発注画面が表示されます。

指定する価格を、決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P)に入れると、下部にある「…に変更する」ボタンの色がつくので、それをクリックします。

「新規注文」や「決済注文」も、ターミナルの取引タブでの右クリックから発注できます。

 

成行で決済したい場合は先述の通りとても簡単で、一番右端にある「×」をクリックするだけです。

まとめ

・MT4とは、世界で最もメジャーな高性能取引ソフトのこと。

・新規注文や決済注文は、チャート上でやる方法と、ターミナルの「取引」タブで操作する方法がある。

 

文章だけ読むと小難しいように感じてしまうかもしれませんが、実際にやってみると全然小難しくないことに気づくと思います。やっぱり自分でさわってみながら理解していくのが一番早く身につきます。

テキストのコピーはできません。