このサイトへの接続は完全には保護されていませんって、えー

新しく作ったブログのURL、、、「https」とちゃんとSSL化してたから、てっきり「保護されています」状態になっているものだと思っていました。

でもこの間、なぜか気づいたんです。

あれ?鍵マークじゃないぞ?

…と。

さらに、この実践記ブログまでも鍵マークじゃないことに気づきました。

えー、保護されてないんかいっ!

完全にはって‥、中途半端に保護されてるってこと??(違うか;)

httpsなのに保護されていない通信の原因

この現象って、だいたい「画像」が「http」のままなのが問題なんだよね。
以前も同じことが実はあったので、ピンときました。

その時にお世話になった「Search Regex」というプラグイン。これを使うと、記事の中にある全てのhttpを、httpsに置換することができちゃうんですが、これを再び使おうと思いました。

が、早速またお世話になろうとしたら、最終更新が3年前となっていて、使用中のWordPressバージョンで未検証となっていた(゚Д゚;)

・・・・・。

ま、いっか‥。使っちゃえ。

ということで(笑)、
「Search Regex」プライグインを有効化して設定していきま~す。

「Search Regex」プライグインの設定方法

「Search Regex」プライグインを有効化しましたら、
「ツール」→「Search Regex」をクリック。

「Search pattern」の欄に、http://〇〇〇〇、
「Replace pattern」の欄には、https://〇〇〇〇と入力。

それだけ入れたら[Replace&Save]で置換を実行します。

もし、実行する前に何が置換えられるか確認したい場合は、[Replace]をクリックして確認してから、[Replace&Save]で実行することもできます。

 

無事に置換えが完了!

・・・したのですが、なぜか「‥完全には保護されていません」のまま。

むむっ。

ssl化したのに「保護されていません」の対処

あ、そうそう忘れてました。

記事内の画像だけではなく、ヘッダー画像やプロフィール画像、AMP用のロゴ画像なども「https」にしなければいけなかった!

また画像をアップロードし直すのは面倒だったので、私は直で変更しました。

やり方

「メディア」→「ライブラリ」からhttpsにしたい画像を選びます。

その画像のURLのところで“右クリック”します。

で、「検証」をポチ。

すると、英語だらけの画面が出てきます。

青くなっている部分をダブルクリック。

ダブルクリックするとこうなります。

http付近をクリックして「s」を入力します。

はい、これで画像のURLがhttpsに変わりました。

これでこの実践記ブログも、めでたく鍵つきになりましたとさ。

めでたし めでたし^^