Fatal error: Can’t use function return value in write context in…

ワードプレスでプラグインをポチポチと更新していたら、突然更新エラーとなり、画面が切り替わって

「Fatal error: Can’t use function return value in write context in…」
と、何やらエラーが表示されました

一旦画面を閉じて、再びログインしようとしても このエラーが出てしまいログインできなくなっちゃったよ;;

調べてみると、原因は
関数やメソッドの戻り値をempty()に直接渡していることが、だいたいの原因になってるのだそうです。

なので、メソッドの戻り値を変数にいったん格納してからempty() に渡せばO.Kなのだそう。コードをいじるのね。

なるほどー。そうだったのか♪

 

・・・な~んて言える人でありたかったよ。

コードなんて、できるだけいじりたくない無知な私は、他に解決策はないかと探していたら、、、

PHP 5.5よりも前のバージョンでは
empty() は変数のみを引数として受けつけます。

とあった。
要するに、PHPのバージョンが5.5以下だと起こるであろうエラーということか!?

 

さっそくサーバーで確認してみると、
なんと、PHP5.3.3 (非推薦)
でした。。。

今ってPHP7だよ。どんだけ古いんだ~。

 

ってことで、PHPを更新します。

エックスサーバでPHPバージョンを切替え

まずサーバーパネルへ行ってログインします。

そして「PHP Ver.切替」をクリック。

 

 

ドメイン選択画面が出るので、切り替えたいドメインを選択します。

私は最新バージョンに切り替えました。

 

「変更」ボタンをクリックするとすぐ完了します。

 

ではでは、ブログにログインしてみます。
すぐだと反応してくれないので、すこし時間を置きます。

…うん、時間をおいてみたんだけどね、
ログインできない。

 

翌日もダメ。ログインできない。

さらに翌々日も×××;

 

もう あきらめた~~

 

ってことで、しばらく忘れてました。

このブログ、Googleアップデートにやられたヤツなので、だめならダメで捨てるわ。って思ってたんです(^-^;

で、それからどのくらいたったのかな?

1週間?かな‥、もっとかな、ちょっと分かんなくなってしまいましたが、今日なにげに そうだそうだと思い出してログインしてみたら・・・

入れました。
ログイン成功~。

あら、良かったわ。
たぶんあの時クッキーを消せば、すぐログインできたかもしれないね;

 

ということで、
PHPは最新にしておきましょー。

テキストのコピーはできません。