エリオット波動をフィボナッチで見る方法と、ダウ理論で見つける場合の注意点

前回、ダウ理論とエリオット波動をセットで覚えると良い、と言いました。

ダウ理論でトレンド転換を見極めるなら、エリオット波動も忘れずに。
今がトレンド転換なのか、レンジなのか、トレンド継続中なのか、、、 相場の方向性が掴めない方に、ダウ理論とエリオット波動は役立ちますので、ぜひ覚えてみてください。 私はダウ理論+エリオット波動をトレード時に考えるようにしてから、勝率が...

そこで、ダウ理論の追随期(第二段階)とエリオット波動の第3波が重なるため、この地点が絶好のトレードポイントになると言ったのですが、

じゃあ、どうやってそのエリオット波動の第3波 or ダウ理論の追随期(第二段階)を見つければいいの?

ってなりますよね。

そこで今回は、エリオット波動の3波を見つける方法や、ダウ理論でのトレンドが崩れた状態とはどういう時なのか、などをお伝えしたいと思います。

ダウ理論ではどの高値・安値を見ていますか?その見方、、意外とやらかしているかもしれませんよ?要注意です。

エリオット波動の1波・3波を見つける方法

では、勝率が高くなる第3波はどのように見つければいいのでしょうか。
そもそも第1波はどこから始まるのか?

ダウ理論で探すやり方と、フィボナッチ使った方法をお伝えします。

ダウ理論で見つける方法

ダウ理論での高値安値の見方

まず、ダウ理論のトレンドの定義を思い出してください。

上昇トレンドとは、高値が切り上がり、安値も切り上がっている状態。
下降トレンドとは、安値が切り下がり、高値も切り下がっている状態。

では、このトレンドが崩れた状態とはどういった時のことかと言うと、
上昇トレンドの場合は、高値が切り上がらず、安値も切り上がらない状態になった時です。

 

この時に注意したいのが、高値と安値の見方です。
高値は「戻り高値」で、安値は「押し安値」で見ていきます。

上昇トレンドは、押し安値を抜けると一旦トレンドが終ります。
下降トレンドは、戻り高値を抜けると一旦トレンドが終ります。
トレンド転換かも!? と考えることもできます。

 

「押し安値」とは直近高値を作った安値のことで、
「戻り高値」とは、直近安値を作った高値のことです。

これを覚えることで、どの高値安値を重視するれば良いのか分かってくると思います。

例えば、この図。黄色い矢印に注目してください。

高値も安値も切り下がっているので、“下降トレンドになったからショート(売り)だ!”
、、、と乗ってはいけません。

戻り安値は抜けていないので、ダウ理論的には上昇トレンド中と見ることができるからです。

ダウ理論でエリオット波動の1波・3波を見つける方法

では本題に入ります。
上述を踏まえた上でエリオット波動を見ていきます。

エリオット波動論は、相場には8つの波のサイクルがあるということ。
8つの波とは、上昇5波 (推進5波)+下降3波 (調整3波)です。

その第1波はどこから始まったのか、
3波はどこかをダウ理論で見ていきましょう。

まず、直近安値から戻り高値を見つけます。
そこを抜けたら第1波と考えることができます。

次は、1波の高値を超えたら3波だと考えます。

 

以上です。。
シンプルですよね。

ただ、波の見方に正解はなく、人それぞれになってしまうのですが、私の場合は基本こんな感じで見ております。

 

フィボナッチで見つける方法

フィボナッチとは、フィボナッチ数列を使って未来のレートの節目を予想することに使うツールです。

フィボナッチ数列とは、
「1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144……」と、下記の性質をもった数列のことです。

・前の数字をたすと、その次の数になる。
・一つ上位の数字で割ると0.618に近づく。
・0.382をかけると2つ下位の数字になる。
・3つ上位の数字で割ると0・236に近づく。

フィボナッチには、「フィボナッチ・リトレースメント」「タイムゾーン」「ファン」「アーク」「エキスパンション」と呼ばれるものがありますが、

今回は一般的な「フィボナッチ・リトレースメント」で3波を見つける方法です。

 

3波の始まりは、2波の終わりですよね。
なので、2波がどの辺で終わるのか予想します。

2波は、1波に引いたフィボナッチの 61.8~78.6%(100%の時もある) まで戻すことが多いです。その辺りからロウソク足が反発してきたら3波に入った可能性がある、と見ることができます。そしてそのまま1波の高値を抜ければ、ダウ理論的にも3波の確定です。

 

3波がどこまで伸びるかは、
1波に引いたフィボナッチの161.8~261.8%が目安となります。

ちなみに4波は、3波の23.6~61.8%(38.2%が多い気がする)まで戻すことが多いです。1波の高値を下抜くことはありません。

フィボナッチ・リトレースメントの引き方(実際のチャート)

フィボナッチ・リトレースメントは、MT4の上部のメニュー画面あたりにあります。クリックしてみてください。

 

今たまたま開いたドル円の1時間足ですが、キレイなエリオット波動が出ていました。
お分かりでしょうか。

この画像を使って説明していきたいと思います。

ではまず、1波を見つけます。
最安値を探し、その戻り高値を超えた波が1波です。

フィボナッチ・リトレースメントを、1波の安値にもっていき、ドラッグしながら1波の高値で放します。

2波が、1波にあてたフィボナッチの61.8%まで戻しているのが分かります。3波の始まりを感じます。

次に、3波がどこまで伸びるかを予想するために、今度はさっきとは逆に、1波にフィボナッチを引きます。
フィボナッチを今度は 1波の高値にもっていき、ドラッグしながら1波の安値で放します。

261.8%まで大きく伸びました。気持ちいほど機能していますね。

 

では次に、4波がどこまで戻すか、3波にフィボナッチを引いてみます。

61.8%と深く戻しましたが、1波の高値は下抜いていません。

反発を始めたのでこの時点で5波の始まりだと予想できます。

 

最終形です。

 

このように、フィボナッチとダウ理論を使うことによって、エリオット波動の最初の1波や、一番伸びる3波などを見つけることができます。

私はこれを知ってから勝率が格段に上がったので、ぜひ最初のうちにマスターしておくことをオススメします。

 

テキストのコピーはできません。