ダウ理論でトレンド転換を見極めるなら、エリオット波動も忘れずに。

今がトレンド転換なのか、レンジなのか、トレンド継続中なのか、、、
相場の方向性が掴めない方に、ダウ理論とエリオット波動は役立ちますので、ぜひ覚えてみてください。

私はダウ理論+エリオット波動をトレード時に考えるようにしてから、勝率が飛躍的にアップしました。

基本だけでも理解すれば、初心者さんでもトレンド判断ができるようになり、“今はロング(買い)狙いなのかショート(売り)狙いなのか?” と、迷うこともきっとなくなるハズです。

ダウ理論とは

ダウ理論は6つの基本原則で構築されています。
ですが、基本原則「6」だけ覚えていれば十分だよ、ってことを最初に伝えておきます。

 

ダウ理論の6つの基本原則

1. 価格は全ての事象を織り込む
チャート分析(テクニカル)が非常に重要だということ。

2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
短期トレンド…1時間~1か月程度
中期トレンド…数週間~数か月程度
長期トレンド…1年~数年間

自分がどの期間でトレードをするかによって
その時間軸でのトレンドを意識する必要があります。

3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される
第一段階…先行期(一般的に大口の投資家などが参入)
第二段階…追随期(先行期の緩やかなトレンドに反応した投資家などが参入)
第三段階…利食い期(トレンド最終段階。価格上昇をとらえた素人や初心者の一般投資家も参入)

4. 価格は相互に確認される必要がある
為替レートだと例えば「ドル円とユーロ円」など、相関性のある市場の動向をチェックするということ。

5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
逆に、出来高が伴わない上昇や下落はダマシの可能性が高く、本格的なトレンドではない。

出来高とは売買が成立した株数のことなので、FXでは出来高を確認するのは難しいですよね。よって、5の原則はあまり気にしなくていいかもしれません。

6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する
高値・安値を切り上げている時は上昇トレンド、
高値・安値を切り下げているなら下落トレンド。

ダウ理論では、このように高値・安値の切り上げ (切り下げ)が続いている状況であれば “トレンド” は継続していると判断します。

 

ダウ理論で勝てない

ダウ理論で勝てないんだけど‥。
って当初私は思いました(=_=)

~~ ダウ理論での失敗とは? ~~

私の得意パターンでしたが(苦笑)、高値・安値掴みをしてしまうんですョ。
天井で買って、底で売るってやつです。

原因は、
トレンドの終わりに乗っかるから、です。

 

あとは、
押し目や戻りだと思ったのに、そのまま抜けて損切にかかるとか。

※押し目とは、上げ相場が一時的に下がることで、その動きを「押す」といいます。その下がったところを買うことを「押し目買い」といいます。
※「戻り」はその逆で、下落相場中に一時的に上がる動きで、その上がったところで売ることを「戻り売り」といいます。

同じ目に遭った方ならきっと思うはずです。
ダウ理論使えない(。-`ω-)
・・・と。

で、そんな中 出会ったのが「エリオット波動」です。

ダウ理論では勝てないと思っていたのが、エリオット波動を取り入れたら勝てるようになりました。

エリオット波動とは

エリオット波動論も複雑な理論でいっぱいです。
細かいルールもありますし、全部理解しようとすると きっとすごい時間がかかるので、シンプルに、最低限だけ知っておきましょう。

ということで、

エリオット波動をカンタンに言うと、
「相場には8つの波のサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある」ということ。
8つの波とは、上昇5波 (推進5波)+下降3波 (調整3波)です。

 

相場の値動きは人の心理が形に出たもの。
だから大衆の心理には法則性がある。

と、エリオットさんは言っておられます。

その法則性が、
上昇5波+下降3波 というパターンになるわけです。

↑エリオット波動の基本パターンです。

下降3波の後はどうなるの?ってことですが、
下降3波の後には、また上昇1波が来るかもしれないし、トレンド転換して下降トレンドの1波が来るかもしれない、、、というハナシになります。神のみぞ知る。

 

エリオット波動でもっとも強い波は 第3波 です。

「第3波が上昇の波の中で一番短くなることはない」
という法則があります。

要するに、上昇の第3波が一番長く続くということ。

なので、ここを狙ってトレードすれば おのずと勝率が高くなります。
このエリオット第3波はダウ理論でいう追随期にあたります。(基本原則3の、3つの段階のうちの二段階め。)

そこからエリオット波動論で上昇の押し目をつけた後の第3波を狙う、
というトレードです。(←買いの場合)
これがいわゆるトレンドフォローの王道となります。

エリオット波動論は複雑ですが、
押し目や戻りとなる所を判断するために使えればO.K.ですね。

 

では、具体的にどうやって波を見つけるか、ダウ理論で高安値を探す時の注意点などは、下記記事よりご覧ください。

エリオット波動をフィボナッチで見る方法と、ダウ理論で見つける場合の注意点
前回、ダウ理論とエリオット波動をセットで覚えると良い、と言いました。 そこで、ダウ理論の追随期(第二段階)とエリオット波動の第3波が重なるため、この地点が絶好のトレードポイントになると言ったのですが、 じゃあ、どうやって...
テキストのコピーはできません。